子供の英語教育どうする?今どきの「親子留学」事情

子供にさせたい今人気のおけいこと言えば「英語」。小学校からの英語義務教育化が加速する中で、ここ数年都内でも多くの新しい英語スクールも見られるようになりました。子供に英語教育をするようになると、視野に入ってくるのが「留学」。留学と言えば昔は高校や大学からが多かったですが、ウィンティック留学センターによると、今は2歳からでも留学ができるそうです。


Likes0 Comments1 Minute

なぜ日本人は英語が聞き取れないのか

日本人が英語ができない理由は周波数にありました!言語が持つ周波数の違いを説明します。


Likes0 Comments1 Minute

子供の才能を開花させるスーパー自由保育?

自由保育が取り入れられた頃から、よく耳にするようになったのが「モンテッソーリ」や「シュタイナー」など海外の幼児教育。自由保育の基本コンセプトである「子供中心の保育」は、これら海外の幼児教育にも通じるところがあります。


Likes0 Comments1 Minute

レッジョ・エミリア アプローチって何?④ ”本物の素材を使うアートプログラム”

レッジョのプリスクールには必ず美術専門の先生がいます。そして子ども達はプロフェッショナルのアーティストが使う材料を使いアートを制作します。なぜレッジョでは子ども用の材料でなくプロの材料を使うのでしょうか?


Likes0 Comments1 Minute

アルベルト・アインシュタインの言葉 -Quote from Albert Einstein

「想像力は知識よりも重要だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。」 -...


Likes0 Comments1 Minute

アメリカのベストセラー子育て本に学ぶ、イヤイヤ期の対処法③

アメリカのベストセラー作家兼小児科医のハービー・カープさんが提案するイヤイヤ期対策をご紹介しています。今日は最終回となる第3回目です。「何をやっても全く効果がない!」というママ・パパのために、カープ医師が提唱する具体例を4つ挙げたいと思います。


Likes0 Comments1 Minute

レッジョ・エミリア見つけた!@プレイグラウンド

子ども達は自分で問題解決できる力を持っています。幼児の頃から、困難に直面した時に自分で考える癖を付けるにはどうしたらよいのでしょう。


Likes0 Comments1 Minute

アメリカのベストセラー作家の言葉 – Quote from Khaled Hosseini

「子供たちは”ぬり絵”ではありません。あなたの好きな色で塗りつくすことはできないのです。」 ー...


Likes0 Comments1 Minute

アメリカのベストセラー子育て本に学ぶ、”イヤイヤ期”の対処法②

前回に引き続き、ニューヨーク・タイムズ紙でもベストセラーと評されたアメリカの子育て本「The...


Likes0 Comments1 Minute