日本語と英語は周波数が違う

「なぜ日本人は英語ができないのか」…それはずばり、日本語の持つ周波数と英語の持つ周波数が全く違うからです。もうそれはどうしようもない問題。逆立ちしても変えることのできない事実なのです。

この表はいろいろな言語が持つ周波数です。

ちなみにイルカの周波数は20000ヘルツ以上で、超音波と呼ばれます。これは人間の可聴域を超えているために人間には聞き取れない音域です。人間とイルカと言われるとなんとなくあきらめもつきますが、それでは日本語と外国語、同じ人間が話す言葉をマスターするのがなぜそんなにも難しいのでしょうか。

上記の表を見て頂ければわかりますが、日本語の持つ音域(周波数)は非常に低い125~1500ヘルツである一方、英語は非常に高い音域の2000~15000ヘルツです。日本語にしか慣れていない脳には、英語の音域は聞き取れないのです。

 

英語が聞き取れるようになるためにはどうすればよいか

人間の脳は3歳までに半分以上が形成され、残りは10歳までに完成すると言われています。逆に言えば小さな子どもの脳は育てることがでるのです

言語の発達の観点から言うと、幼少の頃からより多くの言語に耳を慣れさせて、より広い周波数に対応した脳の構造にしてあげればよいのです。難しいことではありません。子どもによりよい栄養のある食べ物をあげれば、よりよい体の発育につながるのと同じことです。幼少の頃から英語(外国語)のシャワーを浴びることにより、子どもの英語(外国語)を聞き取る能力は確実に身に付くのです。

 

Mutsumi Paterson // Los Angeles

(ムツミ・パタソン/ロサンゼルス》


Also published on Medium.