素晴らしいビデオクリップです。「父親が娘に」と書きましたが、父でも母でも子どもに送るメッセージとしてみてください。

言葉にすることで実現する

私は根っからの日本人です。海外暮らしでずいぶんと鍛えられましたが、感情を言葉にすることにはまだ少し照れがつきまといます。アメリカで育児をしていて感じるのが、とにかく大人が子どもに対してたくさんの感情表現をすること。大人であればちょっとした表情とか言葉じりとかで読み取れる感情もあるかとは思いますが、小さな子どもにはそれは難しいこと。子どもに対しては大げさとも思えるほどの感情表現がちょうどいいのかなと思ったりします。

レッジョのペアレンティングクラスで学んだことですが、とにかく一番の近道は親が見本になること。そして親が発する言葉が私たちの想像以上に大きな影響力を持つということ。

このビデオクリップのように、子どもが一番信頼する親がこれだけ多くの自信を与えてあげるというのは子どもにとって何よりの指針になることと思います。子どもを信じてあげてください。そしてそれを言葉にしてあげてください。言葉にすることで実現することが驚くほどたくさんあるのです。

 

Mutsumi Paterson // Los Angeles

ムツミ・パタソン(ロサンゼルス)

 

【おすすめ記事】

レッジョ・エミリアアプローチで幼児期に身につけた発想力は一生の宝物

レッジョ・エミリアアプローチにおけるアートの役割

英語アートサマースクール2017応募開始!(人数限定・東京)】世界で今大注目の幼児教育が上陸!