子供たちが生き抜く力を身につけるために、大人たちは何ができる?

2017年12月に最初に開催し、日本の教育界で好評を得たアリース・アイヴィ氏の来日講演。子供たちがこれからの時代を生き抜くために養うべき力は、私たち大人が子供だった頃と大きく変わっています。それではどんな力が必要で、周りにいる大人たちには何ができるのか?それを教えてくれるのがアリース氏です。
11/3,4の2日間のセミナーでは、子供が思考を深めるプロセスを理解し、それに対して適切な大人の導き方をアリースが提示してくれます。

【特別セミナー】アメリカ LA 発「子どもの思考を深め、可能性を引き出す」最先端教育 ‐未来へ向けた 21 世紀型教育アプローチへの理論的・実践的な学び
※日英通訳あり
日程: 2019 年 11月 3 日(日)、4 日(月・祝)
テーマ:【セッション A 】 社会構成主義と理論「理論:社会構成主義を理解する」

時間:午前 9 時〜午後 4 時 30 分 (1 時間のランチ休憩) (両日とも)
場所:Mistletoe of Tokyo(池尻大橋駅徒歩5分)
住所:東京都目黒区大橋2-22-42 No.R 池尻大橋 B1F
受講料:39,000円
内容:
未来へ向け、子どもたちが享受すべき学びとはどのようなものでしょうか? 「子どもは何も知らず、庇護する対象」として捉え、知識を与え情報を蓄積する学びでしょうか?
「子どもは生まれた瞬間から学び続けている存在」として捉え、尊重し、子どもが主体的に思考を深めるサポ ートをする学びでしょうか? 本セミナーの目的は、「子どもの思考を深め、可能性を引き出す」海外の最先端のアプローチを共有し、教育現場や家庭での子どもの学びへの実践的なヒントをもたらすことです。
・子ども達の”不思議”を再発見する
・子ども達をより高いレベルの思考に惹きつける
・子ども達の生涯に渡る気質を育む
・子ども達を変化する世界に備える
具体的アプローチ
1 Cycle of Theory Repair(自分で組み立てた仮説を、経験や他者との対話によって修正することを繰り返しながら理解・知識を 深める)
2 Doubting and Believing (問いを持つこと、そして信じること)

さらに、12/7,8の土日には、こども達のための、「チームビルディング」を育むためのセミナーも開催します。

【セッション C】「ふりかえりとチームビルディング、継続的な深い探求のために」
日程:2019 年 12 月 7 日(土)、8 日(日)
時間:午前 9 時〜午後 4 時 30 分 (1 時間のランチ休憩) (両日とも)
受講料:39,000円
内容:
・長期的な深い探求を持続的にもたらすために
・子どもたちが学びの経験をふりかえり、共有するサポート
・理論修正のサイクルを促すふりかえりの手法

 

講師プロフィール:Alise Shafer Ivey(アリース シェィファー アイヴィ)
カリフォルニア・サンタモニカにあるエバグリーン・コミュニティスクールの創立者であり現・会長。ロサンゼルス・ペダゴジカ ル・インスティテュート創立者および事務局長。UCLA エクステンション、サンタモニカカレッジなど大学での指導経験を持 つ。また、アメリカ国内のみならず中国・ニュージーランド・イスラエル・ペルー・オーストラリア・ネパール・カナダ・スコッ トランドでもセミナーを開催。2001 年プレンティスホール出版「教えることと学ぶこと:レッジョ・エミリアアプローチの共同 研究」へ寄稿。また 2012 年には TEDx でスピーカーとして登壇した。
講師からの言葉
「子ども達が持つ新鮮でオープンな目を通して世界を再発見しましょう。子ども達との真のつながりを持ち子ども達の創造性を伸ば せるよう、自分の扉を開きましょう。この講演とワークショップでは教師が効果的に下記のことができるようになるよう、探究します。」

対象:幼児教育関係者、教育者、保護者、研究者、新たな学びに興味のあるすべての方
定員:50 名まで
受講料:各セミナー 39,000円
主催:NPO 法人子ども教育立国プラットフォーム、Kodomo Edu(こども・えでゅ)

お申し込みはこちらから

このセミナーはココが違う!

①LA の著名な園で 35 年間現場に従事したスクール創設者による実践的な学び
講師の Alise Shafer Ivey(アリース シェィファー アイヴィ)氏が創設した園は、世界中の幼児教育研究者が視察に訪れます。また、彼女自身も世界中でセミナーを開催し、大変な人気を得る著名な講師です。
実践の積み重ねと科学的見地に基づいた理論的アプローチは、日本において新たな視点をもたらす今までにない学びを参加者にもたらしてくれると思います。日本でアリース氏から学ぶ機会は本企画のみです。

②セミナー後にどう実践するかのサポート
講師からのフィードバック。 セミナー後は、各自の実践の場(園、家庭など)での子どもとのやり取りのレポートを提出し、学んだ理論を実践的に深める機会を設けます。各自の実践レポートに対し、講師から直接フィードバックが送られます。

③さまざまなバックグランド持つ想いを一緒にする仲間と共に学ぶ環境

セミナーには全国各地から意欲的な人々が参加します。教育者、保護者、研究者など様々な視点を持つ仲間と共に 21 世紀教育に必要とされる知識や批判的思考力の身につけ方を理解し、実際の教育現場での生かし方を探求しまし ょう!セミナー参加者は FB 内のコミュニティの参加資格があり、各自の実践での悩みやふりかえりを共有する機会 があります。

エバーグリーン・コミュニティスクールについて

1984 年に設立されたロサンゼルス・サンタモニカにあるエバーグリーン・コミュニティスクールは、35 年以上に渡りレッジョ・エミリアをはじめとする世界の先端的な教育を参考にし、独自のアプローチを構築・実践しています。アプローチで大事にして いるのは、[子どもの好奇心に寄り添うことで、粘り強さ、創造力、好奇心、良い質問を構築する力を養い、21 世紀に必要とさ れる学ぶ姿勢を身につける]ことです。また、園の名に「コミュニティ」と名がつくように、自園のみならずサンタモニカ周辺の 園への教員養成の主導的役割も担い、地域の教育の質向上に貢献しています。

本セミナーは、A, B, C ,D の合計 4 セッションで構成されています。各セッションは 2 日間となっています。各セッション終了 後、学んだことを体系化したワークシートが配布されます。それに取り組むことでこのアプローチがどのように子ども達や自分自 身の指導に影響を与えるかがよく理解できます。セッション毎に、学んだことをご自身の学校で是非実践してください。ワークシート提出後、アリース氏が直接レビューをしコメントをもらえます。A-D の全セッションを受講しワークシートを完成させた方には、講師より修了証を授与します。

【おすすめ記事】
レッジョ・エミリア幼児教育とは何か?そして家庭で実践する方法とは?
レッジョ・エミリア アプローチって何?② ”子供が100人いれば100通りの言葉がある”