Blog

© 2022 by Kodomo edu. (Renia, Inc) All Rights Reserved.

2022.06.13

【子どもの心理講座①】 もう子育てで悩まない!子どもが将来生き抜く力を育む方法

Category 未来の子供のためにできること

Tags

こんにちは!Kodomo eduの上田です。受講者の皆様から、「家での育児が180度変わった!」と毎回非常に高い満足度をいただいている、Kodomo edu流「レッジョアプローチから学ぶ子育て講座」。今年は新しく、保育関係者・教育熱心な保護者向けに、新講座がスタートいたします!


初回の6月は、臨床心理士の木ノ内満玲さんをお迎えし、心理学から学ぶ ”子供の好奇心を育み、「やりたい!」を実現するための実践アプローチ” を学びます。子どもの心理学の理論をしっかり学びながら、レッジョ・アプローチを軸に、保育現場や子育てで使える実践を、ワークショップも交えて学びます。

======================
【子ども心理講座①】 もう子育てで悩まない!子どもが将来生き抜く力を育む方法

日程: 6月12日 日曜日 9時~13時00分 
参加費用:8900円(ランチ付き)
場所: Kodomo edu International School
人数: 10名限定 保育関係者・保護者

講師: 木ノ内満玲(臨床心理士・公認心理師)・上田佳美
内容: 子どもの心理学をベースにした講義、ミニワークショップ、ふりかえりの場

※コロナの状況によってはランチのご用意は控えさせていただきます。


お申し込みはこちら

======================

以下、当講座のご紹介です。

————————————-

レッジョ・アプローチに欠かせない、心理学という側面

レッジョ・アプローチというと、アトリエで様々なアートマテリアルを使ったクリエイティブなワークショップをイメージしませんか?実は、それはレッジョ・アプローチのほんの一部の側面です。Kodomo eduで実践するレッジョ・アプローチは、アトリエでの創造力を育むアクティビティーと同じくらい、子ども達の自立・自制心・好奇心といった、心理的側面を重視し、そこにアプローチしていきます。

ではどうやって?実は、子どもの心理の理論をベースにしたり、心理学での研究を生かしたアプローチを使うことも多いのです。子どもを知るためには、子どもの身体的に発達に加え、心の発達と成り立ちを理解した上でコミュニケーションをすることが大事です。

Kodomo eduのレッジョ・アプローチは、見た目の美しさだけでなく、学術的な理論も大事にしていることが特徴です。だから子ども達がどんどん変わる。

Kodomo eduの子ども達が変わっていく秘密がここにあります。Kodomo eduが誇る私たちの実践を、「もっと良い保育がしたい!」「もっと子どもの能力を引き出してあげたい!」と真剣に考えられている皆様と、是非共有したいと思います。

Kodomo edu流レッジョ・アプローチの世界にようこそ!

子どもが未来を生き抜くために本当に必要な力

皆さんは毎日、どれだけ子どもの声を聞いていますか?

子どもが自分の足で未来を切り開くためには、子ども達が自分の気持ちに向き合う事が不可欠です。「自分は何がしたいのか?」
「今自分はどんな気持ちなのか?」
「本当に好きなことは何なのか?」
子ども達は、日々様々な経験をし、様々な考えと感情を感じ取っています。それにまず気づく。一緒に深掘りしていくことは、保育者として不可欠です。

保育者として、親として、子どもが未来を生き抜く強い心を育てるためにそうアプローチしていけば良いか?この講座では、そのヒントを皆さんにご紹介し、一緒に考えていきます。

レッジョ・アプローチのプロと、心理学のプロとともにKodomoEduが開発した、ここでしか受講できないオリジナル講座。0歳〜10歳の保育・育児に活かせるノウハウが盛りだくさんです。


【講師プロフィール】

木ノ内満玲(臨床心理士・公認心理師) 臨床心理士・公認心理師。早稲田大学大学院人間科学研究科臨床心理学コース修士課程卒業。自治体の教育相談・巡回相談および都内の学校でスクールカウンセラーとして、子供のカウンセリング、子育てに悩む保護者の相談、教員に対する指導上のアドバイスを10年以上行っている。 子供が今を、そして将来を、自分自身の力で充実したものにできるような視点を大切にし、子供や子供を支える大人にアプローチ。 一児の母となった経験を活かし、保護者のメンタルヘルスにも力を入れて活動中。共著に「教師のための学校カウンセリング学小学校編」「臨床心理士の仕事図鑑」「テレワークで困った時に読む本 設計・運用・メンタルヘルス対策」。映画の助言に「きみは永遠にそいつらより若い」。

上田佳美 (Kodomo edu International School 代表) 慶應義塾大学商学部卒業。20代でウォルト・ディズニー・ジャパンに入社。モバイルコンテンツのプロデューサーとして従事し、ディズニーの “最高のモノづくり”、”最高のチームを作る ” 文化に多くを学ぶ。その後映画業界に移り、世界で認められる日本人のクリエイター達と出会い、日本人の創造性に興味を持つ。2016年、米国・LAにて、Disney米国本社の社内幼稚園を立ち上げた教師と出会い、子どもの可能性を引き出すレッジョ・アプローチに衝撃を受け、以後独学で研究を続け、2019年東京・中目黒に本格的なレッジョ・アプローチを目指すKodomo Edu International Schoolを創設。2020年、NewsPickcs「シゴテツ」に連載。2021年、東京都主催の女性起業家プログラム APT Woman第6期生選出。2022年、Next Education Awardファイナリスト選出。