もう偏差値教育だけじゃダメ!豊岡市が取り組む教育革新

2020年の教育改革も含め、子供達に求められていく”ソフトスキル”。実は、兵庫県豊岡市は自治体が主体となって教育改革に取り組んでいるようです。


Likes0 Comments1 Minute

絶対NG!”子供をダメにする”「しつけ方」

なかなか線引きが難しいのが「子供のしつけ」。ある程度の「しつけ」は大事です。しかし、「しつけ」の過程で出てくる「怒る」という行為、本当に必要でしょうか?実は、子供のうちに厳しく”しつけた”ことが、子供の将来に悪影響を与えてしまう研究結果もあるようです。


Likes0 Comments1 Minute

世界のエリートが今親に感謝する幼少期の教育とは!?

私も知らず知らずのうちによく読んでいた、東洋経済オンラインで連載されているミセス・パンプキンさんの育児記事。そのパンプキンさんが、世界の金融企業で働く息子、ムーギー・キムさんと一緒に書いた本が、「一流の育て方」です。


Likes0 Comments1 Minute

世界で一番有名な日本の幼稚園はモンテッソーリ教育だった

日本と言えば、先進国の中でも幼児教育に関してはずいぶん遅れをとっているのが事実です。しかし実は、世界的に有名になった日本の幼稚園があるのです。それがこの大きな楕円形の屋根を持った園舎で有名な幼稚園「ふじようちえん」です。


Likes0 Comments1 Minute

本当に小学校の”お受験”は必要?子供の学費の賢いかけ方

一家の家計を切り盛りする母の立場としては、気になるのが「学費」。どの時期にどれだけお金をかけるべきなの?と悩んでしまいますよね。文部科学省の調べでは、小学校6年間の私立小学校の学費は平均921万4,734円。果たしてお受験をしてこれだけ投資する価値はどこまであるのでしょうか?


Likes0 Comments1 Minute

甘く見れない幼稚園の選び方

これから子供の幼稚園をどこにしようかと悩むママにとって、気になるのは幼稚園の選び方。どういう基準でどうやって選べばいいか。どんな情報を参考にしたらいいのか。。子供にとって非常に重要なこの幼少期を、親の都合を優先して選んでしまうと、伸びるはずの子供の能力の芽をつぶしかねません。


Likes0 Comments1 Minute

5歳までの幼児教育に投資するべき理由

先日のブログでもご紹介した本、「幼児教育の経済学」の著者であるノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマン教授によると、「就学前の教育が最も効率的であることが分かってきた。脳科学の知見からも、幼少期での働きかけが重要である。」と、幼児教育の重要性を述べています。


Likes0 Comments1 Minute

一斉保育と自由保育、どちらがおすすめ?

私がこのブログを立ち上げることになったのも、実は一斉保育の幼稚園と自由保育の幼稚園の間で悩んだ経験から始まります。


Likes0 Comments1 Minute