フィンランドの学校教育が日本の子供たちの未来を救う

フィンランドの学校教育の話を聞いて、日本の子供たちは「受験」を通して多くのことを失っているように思いました。特に、子供たちの多くが今存在しない仕事をすると言われる20年後の未来では、日本の子供たちが受験を通して身につける知識や思考方法は、本当に必要とされません。多感な幼少期と思春期は、受験勉強ではない「体験に基づく学び」が必要ではないでしょうか。


Likes0 Comments1 Minute

世界トップの学力− フィンランドの教育法とは?

宿題がない?大注目されるフィンランドの教育法を紹介します。教育のゴールは成績ではなく子どもの幸せ?!


Likes0 Comments1 Minute

おうちでできるモンテッソーリ教育

シュタイナーやモンテッソーリ、レッジョ・エミリアなどのオルタナティヴ教育。これらの教育法に興味は持っても、日本国内でそれを採用している幼稚園を探すのは一苦労。そこで今日は、先日のブログ「世界で一番有名な日本の幼稚園はモンテッソーリ教育だった」でご紹介した「ふじようちえん」の本から、おうちでできるモンテッソーリ教育をピックアップしてみました。


Likes0 Comments1 Minute

国民幸福度の高いスウェーデンの幼児教育

今まで日本とアメリカの幼児教育について見てきましたが、その他の国の幼児教育がどうなっているのかも気になりますよね。今回は、国民幸福度の高い「スウェーデン」の幼児教育事情について見てみましょう。


Likes0 Comments1 Minute

子供の才能を開花させるスーパー自由保育?

自由保育が取り入れられた頃から、よく耳にするようになったのが「モンテッソーリ」や「シュタイナー」など海外の幼児教育。自由保育の基本コンセプトである「子供中心の保育」は、これら海外の幼児教育にも通じるところがあります。


Likes0 Comments1 Minute

5歳までの幼児教育に投資するべき理由

先日のブログでもご紹介した本、「幼児教育の経済学」の著者であるノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマン教授によると、「就学前の教育が最も効率的であることが分かってきた。脳科学の知見からも、幼少期での働きかけが重要である。」と、幼児教育の重要性を述べています。


Likes0 Comments1 Minute

子供たちに将来必要なのは「プロデューサー」としての能力

「プロデューサー」と言えば、「テレビ局のプロデューサー」や「映画のプロデューサー」をイメージする方は多いかと思います。何か偉そうな”業界人”のイメージ。。”プロデューサーとしての能力”とは一体何なのでしょうか?そして何故それが必要なのでしょうか?


Likes0 Comments1 Minute

レッジョアプローチとの出会い

私がどうやってレッジョアプローチと出会ったかをお話します。


Likes0 Comments1 Minute

アメリカの幼稚園事情

アメリカの幼稚園は何歳から?いくらかかるの?ロサンゼルスの幼稚園事情です。


Likes0 Comments1 Minute