おうちでできるモンテッソーリ教育

シュタイナーやモンテッソーリ、レッジョ・エミリアなどのオルタナティヴ教育。これらの教育法に興味は持っても、日本国内でそれを採用している幼稚園を探すのは一苦労。そこで今日は、先日のブログ「世界で一番有名な日本の幼稚園はモンテッソーリ教育だった」でご紹介した「ふじようちえん」の本から、おうちでできるモンテッソーリ教育をピックアップしてみました。


Likes0 Comments1 Minute

世界で一番有名な日本の幼稚園はモンテッソーリ教育だった

日本と言えば、先進国の中でも幼児教育に関してはずいぶん遅れをとっているのが事実です。しかし実は、世界的に有名になった日本の幼稚園があるのです。それがこの大きな楕円形の屋根を持った園舎で有名な幼稚園「ふじようちえん」です。


Likes0 Comments1 Minute

国民幸福度の高いスウェーデンの幼児教育

今まで日本とアメリカの幼児教育について見てきましたが、その他の国の幼児教育がどうなっているのかも気になりますよね。今回は、国民幸福度の高い「スウェーデン」の幼児教育事情について見てみましょう。


Likes0 Comments1 Minute

本当に小学校の”お受験”は必要?子供の学費の賢いかけ方

一家の家計を切り盛りする母の立場としては、気になるのが「学費」。どの時期にどれだけお金をかけるべきなの?と悩んでしまいますよね。文部科学省の調べでは、小学校6年間の私立小学校の学費は平均921万4,734円。果たしてお受験をしてこれだけ投資する価値はどこまであるのでしょうか?


Likes0 Comments1 Minute

子供の才能を開花させるスーパー自由保育?

自由保育が取り入れられた頃から、よく耳にするようになったのが「モンテッソーリ」や「シュタイナー」など海外の幼児教育。自由保育の基本コンセプトである「子供中心の保育」は、これら海外の幼児教育にも通じるところがあります。


Likes0 Comments1 Minute

レッジョ・エミリア アプローチって何?③ ”グループワークを重視”

レッジョ・エミリアアプローチで大切としているグループワークの例です。レッジョではどのように自主性や協調性を育てるかを、実際に私の娘が携わった”バードプロジェクト”を通しご紹介します。


Likes0 Comments1 Minute

やっぱり子供は幼稚園から英語を勉強するべき理由

世界最大の国別英語能力指数レポートを発表しているスウェーデンの留学・語学教育機関の調べでは、、2016年時点での日本人の英語力は、世界35位。昨年の30位から5位下がり、調査開始からの6年間で英語能力が低下していることが明らかになっています。


Likes0 Comments1 Minute

レッジョアプローチとの出会い

私がどうやってレッジョアプローチと出会ったかをお話します。


Likes0 Comments1 Minute

一斉保育と自由保育、どちらがおすすめ?

私がこのブログを立ち上げることになったのも、実は一斉保育の幼稚園と自由保育の幼稚園の間で悩んだ経験から始まります。


Likes0 Comments1 Minute