「2020年教育改革」準備は出来ていますか?

2020年ももう目前。教育改革が叫ばれてしばらくたちましたが、みなさんお子様の教育環境はご準備されていますか?私達親世代が経験してきていないことなので、何から始めれば良いか分からない方も多いと思います。
そこで、ますば簡単に2020年教育改革の復習をしましょう。

「2020年教育改革」ポイントはここ!

Benesseがとても分かりやすくまとめているので是非参考にしてください。(「2020年教育改革」Benesseグループ
2020年教育改革を要約すると下記です。

① 学校教育が変わる
ー 知識だけでなく、人間性や資質、思考力などの育成
② 大学入試が変わる
ー センター試験では、国語数学に記述式問題が入り、英語の試験は読む・書く・聞く・話すの4技能
ー 一般入試でも、一発の試験だけではなく「調査書」を重視する大学が増える
③ 英語教育が変わる
ー 小学校3年生からの英語教育開始と、4技能強化

特にここで注目したいのは、大学受験に「調査書」が入ることです。この「調査書」には、①学校の成績、②課外活動(部活/委員会/ボランティア/資格・検定試験等)が含まれます。学校外での活動が審査対象となるので、今までの「勉強」をやっているだけではだめです。KodomoEduでも推奨している「子どもの好きな事」を親が見つけてそこを伸ばしてあげることが、大学受験、そしてその後の人生にも生きるということです。

また、改革によって学校教育はより将来に生きる内容になりますが、現在の日本の教育界で課題となっているのは、アクティブラーニング含め新しい教育内容を実践できる先生がいないこと。学校教育だけに頼っていては子どもに必要な力がつかないのは事実です。

KodomoEduの学校で、将来に生きる力をつけよう!

従来の教育の仕方が、「学んだことをきちんと理解してるか(知識・技能)」の評価が大きなウエイトを占めていたのに対して、2020年教育改革では知識や技能を習得するだけではなく、それをもとに「自分で考え、表現し、判断し、実際の社会で役立てる」ことが求められます。
このような学び方は、低年齢のうちから実践すればするほど身につくものです。そこでおすすめしたいのが、Kodomo Edu International Schoolのレッジョ・アプローチに基づいた学びのスタイル。2-4歳のプリスクール、年少〜小3向けのアフタースクールとサタデースクールがありますが、子供達の興味・関心を元にクラスの活動が始まるので、子供達の探究心は深まります。プロの先生たちによる適切な学びへの誘導によって、子ども達は想像力、考察力、チームワーク力、自尊心を身につける事ができます。

今なら、プリスクールの見学、アフタースクール・サタデースクールの無料体験を受け付けています!是非この機会にご体験ください。(お申し込みは下記)

プリスクール見学
アフタースクール無料体験

子ども達の可能性を最大限に引き出せるよう、私たち保護者がサポートしていきたいですね。